ウッドデッキ 人工木 服が擦れると色がつく

人工木で作ったウッドデッキ、出来映えには非常に満足しています。

少し大きめに作ったこともあり、友人や近所の人にも評判です(うれしいので自分で言ってしまいます)

散歩しているおじいちゃんおばあちゃん達もよく話かけてきてくれるので、ちょっとした地域交流になってます。
 
 
そんなウッッデッキですが、1点不満な点があります。

それは、服がこすれると色がついてしまうんです。

最初に気付いたのは、まだハイハイの息子がウッドデッキで遊んだ後、膝がめちゃくちゃ汚れました、木の色で。歩く程度ではそんな色はつかないのです。

ささくれはないのですが、どうも細かな人工木が着いてしまうようです。

なので布団を干す時にも、位置をずらそうと横に引っ張ってしまうと色がついてしまう可能性があります。
 
 
時間の経過とともに色落ちがなくなるのかどうか分からないですけど、ちょっと直接干すものには注意が必要です。

子供がハイハイしなければ気付かなかったレベルではあるけど、汚れて欲しくないものには注意が必要かもしれません。
 
 
あ、でもこの人工木を使って良かったと思ってますよ。子供のハイハイもすぐに終わりますし、布団干す時に気をつければいいだけですからね♪

 

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA