ウッドデッキ 人工木 耐久性

人工木でウッドデッキを作った場合、気になるのは耐久性ですね。天然木であればある程度朽ちていくのは想像できるかと思いますが、人工木の場合はどうなんでしょう。

心配される現象
・ひび割れ
・折れる、割れる
・粉砕

耐久性はいいとは言いますが、木材も何割か混ぜて作られていますので、環境によっては痛みが全く無いとは言えません。また軽量化のために空洞化で作られているので、部分的に強い衝撃があれば日々が入ったり、割れてしまうことは十分にありえます。

紫外線によってボロボロになっていくことも考えられますね。
 
 
それでも天然木より長持ちはする。いま売られている商品について10年以上の実証はないので実験結果の予測よりノーメンテで長持ちするということになってるはずです。

この記事を書いている時点で作成してから1年以上経過してますが、まったく痛みや劣化は見られません。本当の評価は5年以上経ってからしか出来ないと思いますので、定期的に状態はこのブログに書いていこうと思います!

 

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA